So-net無料ブログ作成

コンドロイチンと体の水分 [関節痛&神経痛]

 コンドロイチンは水分を維持する役目を持っています。その優れた保水力は驚異的です。たった10グラムのコンドロイチンが数リットルもの水分を保持することができるほどです。

 人間は、生まれた時には豊富な水分を体内に保持しています。

 コンドロイチンやヒアルロン酸の働きで体内の水分が充分たもたれているため、赤ちゃんは肌がすべすべ、ピチピチしており、若い肌にはしみやしわができにくいのです。

 歳をとってくるとだんだん体内の水分が少なくなります。肌はカサつきやすくしわもできやすくなります。

 内臓の水分も少なくなるために免疫力が落ちたりします。体の水分量は若年男子で60%、女子で50%程度です。

 しかし、そんな若いときはたっぷりある水分も歳とともに減っていき、25歳を越える頃からいわゆる老化が始まるようになります。

 水分量は60歳をすぎると、男性で50%、女性では45%とだいぶ減ってしまうのです。これは体内のコンドロイチンが、歳を重ねるごとに減少していくからだということができます。

 コンドロイチンは20歳頃から減少し、50歳頃には必要量の1/20までも落ちるようです。体内の水分は大切なもので、それは減少すると肌にハリがなくなるばかりか、臓器の動きや血液の流れにまで影響してしまいます。

体内の水分保持をしていくことは、健康を維持し、長生きすることにもつながるのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。