So-net無料ブログ作成
-| 2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

日焼けの原因と対策 [日焼け&紫外線対策]

 日焼けの原因は紫外線ですが、紫外線は日焼けを作る一部分でしかありません。皮膚に紫外線が当たることで、皮膚の基底層にあるメラニン細胞が刺激されると、メラニン色素が生まれて日焼けが起きてしまうというしくみなのです。

 メラニン色素とは、日焼けだけでなくシミやそばかすも発生させるのです。

紫外線の種類には代表的なものに2つあります。それは、UVBとUVAと呼ばれています。

 UVBは、皮膚に赤い日焼けをさせ、UVAは皮膚に黒い日焼けをさせます。紫外線は普通の生活の中で日焼けをする原因を作っているといえます。

 この紫外線から肌を保護するためには、外へ出るときは日焼け止めのクリームなどを忘れないようにしましょう。日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、薄く塗る人が多いようです。

 しかし、薄く塗りすぎるとどうしてもはげやすくなり、他の化粧と一緒に落ちたり、汗をふいたときなどに完全になくなってしまうことがあります。

 こんな塗り方では日焼け止めという効果は発揮できません。日焼けをしないためなのですから、やはりクリームはしっかり塗り、さらに2,3時間おきに塗りなおすようにすれば、日焼けを防止するのに効果は絶大です。

 外出先でもすぐぬれるように、日焼け止めクリームはいつも携帯するようにしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

日焼けと日焼け止めクリーム [日焼け&紫外線対策]

 日焼けとは紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状のことをいいます。皮膚の表面にメラニン色素が沈着した状態、これも日焼けといっています。

 日焼けが発生するのは、太陽によって紫外線が皮膚に照射されたとき、または、紫外線の人工灯を使ったときにその照射が激しかったときに起こります。

 メラニンの保護能力が、皮膚に向けられた紫外線から守りきれなかったときに日焼けが起こります。肌の色が黒い人は、白い人に比べでメラニンの保護能力があるので日焼けしにくいのです。

 日焼けが起きる最大の原因はもちろん紫外線ですが、紫外線にはいろいろな種類があって、それは長波長紫外線、中波長紫外線、短波長紫外線の3つになります。

 日焼けの原因である紫外線には、発ガン性物質が含まれているため長い時間外にいる際はUV効果のある日焼け止めクリームを付けた方がよいと思います。

 日焼け止めクリームなどを使用すれば、肌は紫外線からのダメージを直接受けないですみます。日焼けをすると肌がひりひりすることもありますが、日焼け止めクリームはこれも抑えてくれます。

 近頃は以前に比べ日焼け止めクリームもずっと伸びがよくスムーズで、肌の感触がいいものが増えているようです。以前に比べればずっと塗りやすくなっているので、いつも持ち歩いてそのつどぬるようにすることをお勧めします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

-|2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。