So-net無料ブログ作成
検索選択
日焼け&紫外線対策 ブログトップ
前の10件 | -

ヒアルロン酸化粧水の種類 [日焼け&紫外線対策]

大手のネットショッピングサイトでヒアルロン酸化粧水を検索すると、なんと数千件もヒットします。

ということはそれだけ多くのヒアルロン酸化粧水があるということになります。ヒアルロン酸の化粧水には高価な海外化粧品ブランドのものもあります。

逆に手軽にドラッグストアなどで手に入るものもあります。シートタイプのヒアルロン酸化粧水もコンビニなどで売られています。

人気のあるヒアルロン酸化粧水は、ベタつかず、サラッとしています。肌がモチモチするタイプの化粧水です。

そして、ヒアルロン酸化粧水の中でも最近話題になっているコエンザイムQ10やビタミンCを配合しているヒアルロン酸化粧水が特に人気があるようです。

 変ったものとしてはところてん屋さんが作ったというヒアルロン酸化粧水商品があります。

 キレイな湧き水と、ところてんの元である海草のミネラルとヒアルロン酸で保湿するという化粧水です。男性用の化粧水にもヒアルロン酸配合の美容商品も多数あります。

 その値段ですが、1000円以下で買えるお手軽なものから10000円以上もするものまでたくさんあります。ヒアルロン酸化粧水の種類は本当にたくさんあるのですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

日焼け止めクリームの使用方法 [日焼け&紫外線対策]

 その人それぞれに生活スタイルも違い、外出の状況も違うので、日焼け止めクリームもそれに合わせて使うようにするといいでしょう。

 紫外線を防止するには、いろいろな日焼け止めクリームの使い方で効果をあげることができます。例えば、室内でお仕事をしている人が日に当たるのは朝の通勤だけです。

 1日の中で日に当たる時間が20~30分程度だけなら、日焼け止め化粧品を毎日使用する必要はありません。1日中日焼け止めクリームをつけたままになる方が、逆に肌に負担を与えていいことはありません。

 紫外線B波をカットする効果のあるファンデーションを使うようにし、日焼けしそうな部分に重ねて塗るようにすればいいでしょう。

 日焼け止めクリームは真夏に部分的に使用し、他の化粧品、スキンケア商品併用することもより効果的な日焼け対策になります。

 家事で1日のうち何度も外に出て日に当たることのある主婦は、毎朝のスキンケアの後に日焼け止めクリームを使うようにし、SPF値は20、PAは++程度のものを選ぶといいでしょう。

 それと同時にパウダーファンデーションを使うようにして、紫外線防止の対策を強化しましょう。額や頬骨、鼻は紫外線が当たりやすい場所ですから、他の部分よりは多めに日焼け止めクリームを使用しましょう。

 キャンプや海水浴などに出かける場合は、長い間日に当たることになるので、日焼け止めクリームはSPF値の高いものを使い、SPF20くらいであれば重ね塗りして強い日差しでの日焼けを防止するようにしましょう。

 日焼け止めクリームにはファンデーションに近いような成分が使われているので、使用した後のクレンジングでは、洗顔料だけではきちんと落とすことはできないので、クレンジング剤と洗顔料の両方でしっかり洗い流し、その後は化粧水などで十分に保湿ケアするようにしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

日焼け止めクリームを選ぶ時の注意点 [日焼け&紫外線対策]

 日焼け止めスキンケア商品は数多くありますが、日焼け止めクリームはその中でももっともよく使われるタイプです。

 数多くあるスキンケア商品は、今ではスーパーやドラッグストア、そしてコンビニでも簡単に手に入るようになっています。

 紫外線の強い季節には女性にとって大切な日焼け止めクリームですが、たくさん日焼け止めスキンケア商品があるだけに選ぶ時の注意点中をピックアップしてみます。

 日焼け止め用品に必ず書かれてある、SPFの値があります。シミやそばかす、そして皮膚がんの原因でもある紫外線B波を遮断する力を表しているのが、SPF値です。

 日焼け止めクリームなど何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばすことが出来るかという目安です。

 たとえばSPF値が2であれば、日焼けが始まるまでの時間を3倍まで延長できるということです。そしてSPF値と同じく、常に表記されているのがPA値です。

 この値は+、++、+++というように3段階で示され、皮膚を黒くしたりしわやたるみを作る元である紫外線A波(UVA)を防止する力を表しているのです。

 また、肌にできるだけ負担にならないものを使用するためには、日焼け止めクリームの中でも香料や着色料、そして防腐剤、紫外線吸収剤などが使用されていないものを選ぶようにするといいでしょう。

 日焼け止めクリームを長時間つけっぱなしというのも肌への負担がかかります。

 SPFもあまり高すぎると日焼けよりも今度は肌への負担が心配になるので、日常ではSPF20程度の日焼け止めクリームで十分でしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

日焼け止めクリームと紫外線 [日焼け&紫外線対策]

 日焼け止めクリームは5月頃から化粧の下地として使う女性が多くなっています。なので日焼け止めクリームを使用するのは夏だけでなく、初夏前から紫外線に気をつけるというのが常識となりつつあります。

日焼け止めクリームの利用と紫外線量には大いに関係があるからなのです。皮膚のしくみから簡単に解説しますと、皮膚は体の一番外側にある臓器であり、皮膚の表面から深部に向かって表皮、真皮、皮下組織の3層から形成されています。

 表皮は、皮膚の組織の中では、体の内側を紫外線や化学物質といった有害なものから守る役目をしています。表皮が形成されているのは角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4つの層で、表皮細胞がその基底層から作られます。

 その後有蕀層、顆粒層、角質層へと押し上げられていった表皮細胞は、最後に角質層で剥がれ落ちます。このように肌が変化することをターンオーバーと呼び、28日の周期で皮膚は新しく生まれ変わります。

 日焼けのメカニズムは、基底細胞の間には点々と存在するメラノサイトがつくるメラニン色素が日焼けの原因となっています。

 こんな日焼けの元であるメラニン色素も、実は紫外線が皮膚細胞を破壊しないように守るという、大変重要な役目も持っているのです。

しかし、紫外線による日焼けは皮膚にダメージを与えますので、日焼け止めクリームによって日焼けをしないようケアすることにより、肌老化、シミ、シワやたるみの防止をしたいものです。

 日焼け止めクリームは、このように肌を紫外線から守って、健康で若々しい肌を維持するために大切なものなのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

子供の紫外線ケア [日焼け&紫外線対策]

 紫外線のケアは大人だけでなく子供にも必要です。子供のうちは、夏は日焼けをした方が健康には良いという考え方が日本にはあります。

 現在でもそういった考えを持つ人が多いこともあり、日本では子供の紫外線ケアがなおざりにされがちです。しかし、幼少期に多くの紫外線を皮膚に受けていると、成人してから皮膚ガンや白内障などの病気にかかりやすいといいます。

 多くの人が白内障や皮膚がんに悩まされがちなオーストラリアやアメリカでは、子供が小さなころから紫外線へのケアに気を配っています。

 実際のところ、幼少期から日焼けをする時には紫外線ケアをきちんと行う必要があります。

 相手が子供であるならなおのこと、大人側が注意を払って日焼け止めクリームをつけてあげたり、UVカット機能のある帽子や長袖を使ってもらうべきです。

 子供の皮膚は、大人よりもずっと繊細です。子供には子供に適した日焼け止めクリームがあります。

 どうしてもという時は、肌への刺激がマイルドなものを選びます。可能な限り、子供の使用を想定した日焼け止めを選んで下さい。

 紫外線のケアをした際には、家に帰ったら、石鹸などできれいに落とすようにしましょう。日焼け止めクリームが洗いきれずに残っていたために、紫外線ケアはできたものの皮膚にダメージがいってしまう場合もあるためです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

紫外線の防止対策をして外出を [日焼け&紫外線対策]

 紫外線は年間を通して、常に肌に届いています。紫外線予防をしっかり行って、肌を紫外線から守りたい方は多いようです。

 少しベランダで活動するだけでも注意が必要です。また、屋内にいる場合でも窓の近くでは紫外線防止をするべきでしょう。

 十分に予防をしたいのであれば、紫外線予防成分を使った化粧品がおすすめです。できれば、化粧品を使う頻度は少なくして、肌を休ませたいと考える方も少なくありません。

 雨が降っている日なら紫外線は減衰するので、それほど紫外線対策を徹底しなくても良いともいいます。しかし曇っている日は予想外に紫外線が強いため、屋外に出る時はきちんと紫外線対策が必要になるでしょう。

 季節にかかわらず、天気のいい日に外出する際はできるだけ紫外線を防止したほうが、肌へのダメージもより少なくて済むかもしれません。

 まだ小さな子供がいるお家は、紫外線防止の化粧品を使うと肌に悪いのではと思いがちです。JVカット効果がある日傘、太陽光を遮るつばの広いバイザーなど、紫外線防止グッズを使って紫外線の対策ができます。

 最近では、紫外線を防止できる特殊フィルムも販売されています。窓ガラスにはそういった紫外線対策グッズを利用すると、室内に入りこむ紫外線を防ぐことも可能です。

 加齢と共にしみやしわが増えるのは、若い頃に浴びた紫外線も関係しています。しかし適度な日焼け健康増進にも効果的です。皮膚に多く受けすぎると様々なトラブルを引きおこす紫外線ですが、やりすぎないようにしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

日焼け対策 [日焼け&紫外線対策]

 きちんと日焼け対策をしないとシミやしわの原因になるので、だんだん日差しが強くなるこの季節は気を付けなければなりません。

 どのような対策をすれば、日焼けをしないでいられるのでしょうか。日焼け対策について詳しく話す前に説明しておきたいのが、日焼けがどうして起こるのかと言うことです。

 たくさん太陽の光を浴びたことが要因で日焼けすると思う人が多いのではないでしょうか。日焼けと太陽の光というのは関係がないのが事実です。

 日の光が弱い冬や曇りの日でも、日焼けをスキースノボなどですることはよく知られていることです。太陽の光が弱い曇りの日でも日焼けをするのは、日焼けの原因は紫外線からくるのです。

 紫外線をたくさん浴びると日焼けするのですが、紫外線は太陽光線の一種で、晴れの日だけでなく、曇りの日でも降り注いでいます。

 皮膚は過度に日焼けすると乾燥しやすくなりますので、肌にとって日焼けは良くないのです。肌の老化を促進し、結果としてシミやシワなどになる可能性が高くなります。

 日焼けは皮膚がんといった深刻な問題を引き起こす原因となる場合もありますので、日焼けは肌にとって避けて通りたいものです。

 季節が夏近くになってくると、あちこちで日焼け対策という話になります。おすすめなのは、暑い季節はもちろんのこと、年間を通して常に日焼け対策をすることです。
タグ:日焼け対策
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

日焼け止めクリームの成分 [日焼け&紫外線対策]

 紫外線散乱剤と紫外線吸収剤という2種類の成分により、日焼け止めクリームは生成されています。日焼け止めクリームの成分である紫外線散乱剤の効果は紫外線から肌を守ることです。

 紫外線散乱剤が肌を覆い、紫外線を反射することで肌を日焼けから防ぐのです。紫外線から肌を守る役目をする紫外線散乱剤は紫外線吸収剤に比べて肌への負担が少ないのが特徴です。

 紫外線吸収剤の量が少なめになっている日焼け止めクリームの場合、紫外線カットの力は弱いでしょう。主として紫外線から肌を守る紫外線散乱剤の働きに頼っているということでしょう。

 紫外線吸収剤とは読んで字のごとく紫外線を吸収する効果があります。それから紫外線が肌へ浸透するのを防ぐために、紫外線を熱エネルギーに変えるという働きもします。

 しかし、この紫外線吸収剤は、紫外線を吸収することで酸化するため、日焼け止めクリームの肌にかかる負担が高くなってしまいます。

 ですからあまり頻繁に使っていると、肌の健康が損なわれるという難点を持っています。紫外線をカットする効果の高い日焼け止めクリームは日焼けに対して非常に有効です。

 しかし、肌が受ける影響を考えると、使いすぎは要注意です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

日焼けと皮膚の関係 [日焼け&紫外線対策]

 日焼けから来るイメージは人により様々だと思いますが、人の皮膚にはよくないことも少なからずあります。昔のイメージでは日焼けをしている肌は健康的な肌で良いとされていました。しかし、今は違います。 

 日焼けによる体へのダメージがクローズアッされており、日焼けによって白内障の原因になる場合もあります。

 紫外線が皮膚に入り込むと、皮膚からはメラニン色素が生まれ出され、皮膚にそのまま侵入させまいとするために起こる現象が、日焼けなのです。

 日焼けのせいでしみやしわができると、それは老化につながってしまうので、女性も20代をこえれば気をつけなければなりません。

 日焼けをしてしまう状況の中でもただひとついいことは、太陽の光の影響です。人の体が太陽の光を浴びると、体内ではビタミンDが作られるため、体が元気になっていいといわれるのです。

 紫外線を長年にわたって浴び続ければ慢性障害として光老化が起こります。これは歳をとった後で現れてくる現象で、しわや色素斑しみ、そして皮膚の良性腫瘍、悪性腫瘍などです。

 紫外線のせいで皮膚の免疫反応が鈍くなるということも、最近の調べでわかっています。皮膚の弱い人の中では普通の人では何ら問題ない程度の日光でも色々な皮膚障害症状が出る光線過敏症も紫外線で起こることが多いようです。

 このように日焼けには悪い影響を及ぼされるものもあるので、健康になれるくらいの日の浴び方がちょうどいいでしょう。

日焼けの原因と対策 [日焼け&紫外線対策]

 日焼けの原因は紫外線ですが、紫外線は日焼けを作る一部分でしかありません。皮膚に紫外線が当たることで、皮膚の基底層にあるメラニン細胞が刺激されると、メラニン色素が生まれて日焼けが起きてしまうというしくみなのです。

 メラニン色素とは、日焼けだけでなくシミやそばかすも発生させるのです。

紫外線の種類には代表的なものに2つあります。それは、UVBとUVAと呼ばれています。

 UVBは、皮膚に赤い日焼けをさせ、UVAは皮膚に黒い日焼けをさせます。紫外線は普通の生活の中で日焼けをする原因を作っているといえます。

 この紫外線から肌を保護するためには、外へ出るときは日焼け止めクリームなどを忘れないようにしましょう。日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、薄く塗る人が多いようです。

 しかし、薄く塗りすぎるとどうしてもはげやすくなり、他の化粧と一緒に落ちたり、汗をふいたときなどに完全になくなってしまうことがあります。

 こんな塗り方では日焼け止めという効果は発揮できません。日焼けをしないためなのですから、やはりクリームはしっかり塗り、さらに2,3時間おきに塗りなおすようにすれば、日焼けを防止するのに効果は絶大です。

 外出先でもすぐぬれるように、日焼け止めクリームはいつも携帯するようにしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の10件 | - 日焼け&紫外線対策 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。